30代で管理職・エリアマネが狙える薬剤師求人

30代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 30代で管理職・エリアマネが狙える薬剤師求人

30代で管理職・エリアマネが狙える薬剤師求人

薬剤師の年収は30代で大きく分かれる傾向にあります。30代でエリアマネージャーや管理薬剤師、店長、などの管理職に就くことできれば、年収アップを成功させることができます。そのため薬剤師のキャリアアップは一つの大きな目標となっています。

調剤薬局で勤務する薬剤師にとっては管理薬剤師になることがまず一つの目標になります。管理薬剤師として働くためには、少なくとも3年間の実務経験が必要になります。早ければ30代前半で管理薬剤師として活躍することも可能です。しかし、管理薬剤師としてのポストが空いていなければ昇進することはできないため、管理薬剤師を募集している調剤薬局やその他の職場に転職することも1つの方法となります。管理薬剤師になれば、年収100万円程度アップすることも可能です。

企業によっては年収1000万円も夢ではないのが、エリアマネージャーと呼ばれる役職です。ドラックストアやチェーン展開している調剤薬局の幾つかの店舗の管理をすることになります。店長経験者がエリアマネージャーへと昇進することが多いです。各店舗や薬局の売上を向上させるために経営指導やサポートもすることになります。本来の薬剤師としての仕事とは違う分野での仕事もあり、絶対に薬剤師がエリアマネージャーになる必要はありませんが、薬剤師としての知識や経験が、現場の声を理解し的確な指示を与えるためには有利になります。

エリアマネージャーの求人募集も数多くありますが、やはり薬局やドラックストアなどの現場経験があることが必要です。仕事内容を把握し必要とされる要素を的確に理解することが求められるからです。経験を積んで転職することもできますし、店長やエリアマネージャーを目指して1つの企業やドラックストアで勤務を続けることもできます。平均年収は約750万円前後ですが、上述したように能力や企業によっては年収1000万円を稼いでいる薬剤師もいます。

近年は薬剤師の専門家が繰り返し強調されています。薬の知識を持っていて薬を調合するだけではなく、さらに専門的な知識を取り入れて認定薬剤師、専門薬剤師として活躍することも管理職に就くためには必要な条件となっています。勿論そのためには、研修や勉強会に参加することや、資格取得後も定期的に最新の知識についていく、弛みない努力が不可欠です。そのためには、スキルアップを全面的にサポートしてくれる薬局や店舗の求人を探すことも大切になります。

30代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 【30代の薬剤師さん向け】人気の転職サイト特集 All Rights Reserved.