30代での転職は薬剤師にとってリスクあり?

30代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 30代での転職は薬剤師にとってリスクあり?

30代での転職は薬剤師にとってリスクあり?

薬剤師の中でも、知識と経験を積んだ30代での転職が多いとされています。また女性薬剤師であれば、結婚や出産、育児などでこれまで働いてきた職場を辞めて自分の生活パターンに合った職場に転職するケースもあります。

転職と聞くと余りプラスのイメージがないかもしれません。しかし薬剤師の場合は求人情報が他の職業に比べて多くある事や、国家資格という強みがあるため転職は決して珍しくはありません。また3年で転職を考えることが一つの目安とも言われています。しかし20代、30代で余りにも短期間で転職を繰り返しているのであれば、忍耐力や協調性が欠けているとみられマイナスになる場合があります。

自分の転職の理由を明確にしておくならば、転職失敗というリスクを低く抑えることができます。30代で転職した薬剤師の中には、自分が希望した仕事ができないことやスキルアップができない職場などの失敗を経験している薬剤師もいます。

20代から働いている薬剤師であれば、おそらく5年程度の経験があります。つまり転職してもそれまでの経験や知識をいかして、新しい職場でも即戦力として活躍することが可能です。また転職先を上手に選択できれば、大幅な年収アップも可能です。例えば、薬剤師の中でも年収が低い病院薬剤師からドラックストアや調剤薬局などに転職すると、かなりの年収アップになります。

転職することで、管理薬剤師として働く機会もうまれます。通常、1つの調剤薬局に1人の管理薬剤師が勤務することが定められています。そのため、長期間勤務していても同じ調剤薬局に管理薬剤師がいる間は、役職に就くことができません。タイミングよく転職ことで、もしくは求人募集を見つけて転職先で管理薬剤師として活躍できるのも30代で転職するメリットにあげられます。

結婚や育児との両立を考えて転職するパターンも30代では増えてきます。病院などの勤務は休日が取りにくいことや、夜勤などもあるため生活リズムを取るのが難しいと感じることがあります。ママさん薬剤師として調剤薬局やドラックストアなどのパート薬剤師に転職することもできます。

30代になると、その先のキャリアプランなどを考える時でもあります。同じ職場で勤務を続けることで知識や技術を身に着けていくこともできますが、職場を変えることで新たな分野での経験を積むことができます。それが薬剤師として成長するために必要な要素になることもあります。

30代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 【30代の薬剤師さん向け】人気の転職サイト特集 All Rights Reserved.