30代薬剤師の平均年収は?

30代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 30代薬剤師の平均年収は?

30代薬剤師の平均年収は?

30代の薬剤師の平均年収は500〜600万円です。これは薬剤師全体のものですので、勤め先によってはもっと多いところもあればもっと少ないところもあります。薬剤師の年収が低めなことで知られているのは病院です。病院は民間であったとしても、公務員の薬剤師の俸給を基準として設定しているところが多いので、自然と一般企業よりも低めになってしまいます。また、20代から30代前半くらいまでは比較的平均よりも高い年収がもらえるけれど、それ以降ほとんど頭打ちになってしまうのが薬局です。そのため働き始めは良いかもしれませんが、30代になってくると年収アップを求めたくなるかもしれません。

一般に平均年収が高くなりやすいのは、製薬会社やドラッグストアで働く薬剤師です。店長クラスになると年収700万円程度を得ることも可能になります。実力次第で昇給やキャリアアップをしやすいのが製薬会社やドラッグストアの特徴です。このように、同じ30代の薬剤師であっても平均年収には大きな違いがあることが分かります。それも頑張りによって変化するというよりは、勤め先によって違ってくる部分が大きいため、年収アップしたいと考えた場合には転職が必要となってくることも多々あります。

年収アップの転職のために役立つのがリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師などの転職エージェントです。こうしたサービスでは一般には公開されていない好条件の非公開求人を紹介してもらうことができます。非公開求人は一般の求人よりも年収が高めな傾向にありますので、転職することでこれまでよりも年収の高い職場にいける可能性が高まります。

年収アップのためには未経験の職場で働かなければいけないこともありますが、転職エージェントを利用して活動をしていけば条件交渉によって今と同じような職場の条件で年収アップをしていくことも可能です。年収などの条件は1人で転職活動をしている場合にはなかなか交渉できるものではありません。しかし転職エージェントではそうした交渉を代行してくれるサービスも行っていますので、上手に活用していけばより希望に合った職場で働けるようになるのです。

30代の薬剤師が転職する場合にはたくさんの求人があるので、転職エージェントを利用する必要はなさそうに感じられます。しかし、自分のスキルをきちんと評価してもらってそれを収入の面で受け取ることができる求人を探すためには、転職エージェントが非常に役立ちます。

30代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 【30代の薬剤師さん向け】人気の転職サイト特集 All Rights Reserved.