30代薬剤師が最も必要とされている職場は?

30代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 30代薬剤師が最も必要とされている職場は?

30代薬剤師が最も必要とされている職場は?

どの業界でも働き盛りである30代は、薬剤師にとって多くの可能性とチャンスがある年代です。20代で薬剤師の仕事を始めたのであれば、実務経験を重ね即戦力となれる知識や技術も身に着けることができています。体力的にもタフに働くことができるのが30代の強みです。

30代の薬剤師が必要とされている職場はどこでしょうか。どの職場を見てもいまだに薬剤師不足の状態であるため、どこでも必要とされています。その中でも地方都市にある調剤薬局に勤める薬剤師はとりわけ必要とされています。それで、薬剤師側にとっても好条件で転職が可能になります。実務経験がある薬剤師であれば、管理薬剤師として勤務することも可能です。管理薬剤師となれば責任や仕事量などは増えますが、年収も約50万円程度アップすることもあるので、今まで以上にやりがいを感じながら仕事を楽しむことができます。

勿論、都心部の調剤薬局においても必要とされています。地方都市と同様に薬剤師としての一般業務も行いますが、ここ数年で在宅医療の分野に積極的に取り組んでいる調剤薬局が増えている傾向にあります。今後、高齢化が進む日本社会の必要を考えると30代で在宅薬剤師の認定資格を取得することができれば、将来的には活躍の場が更に広がると言われています。どの職場でも薬剤師不足ではありますが、在宅医療に携わることができる薬剤師を増やさなければ今後の高齢者医療に対応することは難しいとされます。

20代から病院薬剤師として勤務をしていると、年収アップなどを考えて他の職場や業種に転職を考えたくなる頃が30代です。しかし、病院薬剤師は年収面では低いものの薬剤師の中では人気のある職場です。薬局やドラックストアでは経験できない、数多くの症例や患者さんに接することができるので薬剤師としての経験値や知識、スキルアップが可能な環境だからです。また夜勤などもあるため、体力的にもまだまだタフに働ける30代の薬剤師は貴重な存在といえます。病院薬剤師から1度転職してしまうと、戻るのは難しいのが現状です。将来のビジョンを考えて、病院薬剤師として更に経験を積み認定薬剤師などの資格取得を目指すこともできます。

30代で薬剤師として経験することは、その後の薬剤師としてのプロセスに大きく影響します。必要とされている環境で働くことできれば忙しさや努力が求められますが、この期間に薬剤師としての自分を大きく成長させることができます。

30代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 【30代の薬剤師さん向け】人気の転職サイト特集 All Rights Reserved.