製薬会社への30代薬剤師の転職なら

30代薬剤師求人TOP >> 職場別 >> 製薬会社への30代薬剤師の転職なら

製薬会社への30代薬剤師の転職なら

30代の薬剤師が製薬会社へ転職するのはなかなか狭き門と言えます。製薬会社での仕事というと、研究職やMR職などがあります。MR職の場合には比較的求人も出ています。一方、研究職となると求人自体がとても少ないうえ、博士課程修了者などが対象となっていることがほとんどです。そのため、30代の薬剤師が転職をして仕事を任せてもらえるかというと、その可能性は低いかもしれません。しかし製薬会社での仕事はそれだけではありませんから、自分が将来的にどういった形で仕事をしていきたいのかを考え、それを実現するのに製薬会社が適しているというのであれば、転職を試みてみるべきです。

また、製薬会社は病院や薬局などと比べると、昇進のしていき方という部分も幅広くなっていますので、様々なパターンがあります。頑張りによっては部長クラスにまでなっていくこともできますし、経営陣に入っていくというのも絶対に不可能とは言い切れません。薬剤師としての知識を得てスキルを磨いていくというだけでなく、部下を上手にマネジメントしたり企業全体のこれからを俯瞰して考えたりといった能力を身につけていくことで、大きく発展していける可能性があります。

全体の求人の数としてはとても少なくなっていますが、それでも製薬会社へ転職がしたいというようであれば、転職エージェントを有効活用していきましょう。転職エージェントにはリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師などがあります。非公開求人など一般には見ることのできない求人も扱っていますので、それだけ製薬会社の求人に出会える可能性も高まります。また、それだけでなく、条件面の交渉などを代行してくれるのも魅力です。

製薬会社の求人で気に入るものがあったとしても、条件面で足りない部分があるということがあります。そうした時にそのまま諦めるというのではなくて、交渉をしてもらうのです。例えば給与や休日についての交渉が代表的です。自分1人で転職活動をしている場合には、充分満足していないという状況であっても交渉するというのは難しいものです。しかし代行してくれれば満足のいく状態で新しい職場へいくことができます。

30代の薬剤師が製薬会社へ転職するのは簡単とは言えません。だからといって不可能ということではなく、転職エージェントなどを利用して活動していれば希望する条件に合う形で転職をすることができるようになります。また、転職した後にどのように仕事をしていくのかということについてきちんと考えておくことも大切です。

30代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 【30代の薬剤師さん向け】人気の転職サイト特集 All Rights Reserved.