調剤薬局への30代薬剤師の転職なら

30代薬剤師求人TOP >> 職場別 >> 調剤薬局への30代薬剤師の転職なら

調剤薬局への30代薬剤師の転職なら

30代の薬剤師が調剤薬局への転職を考える場合、最も重要になってくるのは、大手のチェーンを選ぶのか小さな個人の薬局を選ぶのかという部分です。30代で転職を考えるという場合には、これから先どうしていきたいのかというキャリアプランもしっかりと考えていなければ話になりません。その際に、ずっと働き続けられる職場を求めているのか、経験を積める場所を求めているのかによっても選ぶ職場は違ってきます。

大手のチェーンであれば、新人教育や定期的な研修会などが行われていますので、日々更新される薬に関する最新の知識をその都度身につけていくことができます。調剤薬局での仕事が未経験の場合であっても、新人教育がきちんとされていれば、スムーズに職場に入っていくことも可能になります。役職などがきちんと決まっていますし、昇給に関する要件もはっきりしていますから、将来的な目標を立てやすいというのも大きな利点です。

一方、個人の薬局やチェーンでも比較的小規模の場合には、給与の高さは最大の魅力です。特に地方など薬剤師が不足しがちな場所にある薬局の場合、都市部よりも高い給与を得られることもあります。薬局によっては住居手当などが充実しているところもありますので、その点も要チェックです。教育は大手と比較すると体系的にされることはありませんが、OJT中心の実践的な内容になってきますので、即戦力として働きやすくなるはずです。

同じ調剤薬局でも規模の大小によって教育制度や給与などには大きな違いがあります。そのため、まずは自分がどういった働き方をしたいのかを考えてどちらで働くのかを決定しなければいけません。その際には転職エージェントのサービスを利用してアドバイスをもらうようにするというのも有効です。転職エージェントでは求人を出している調剤薬局でどういった人材を求めていて、どのように仕事を任せていきたいのか、といったことを把握しているからです。そうした求人票には載らない情報を教えてもらうことで、自分に合った職場へ転職ができるようになります。

30代の薬剤師が調剤薬局へ転職する場合、これから先の展望をきちんと考えていかなければいけません。どこに住んでどのように仕事をしていきたいのかによって、選ぶべき職場にも違いが出てくるからです。そしてそのためには、転職エージェントのサービスを上手に活用していくことが重要になってくるというわけです。

30代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 【30代の薬剤師さん向け】人気の転職サイト特集 All Rights Reserved.